2019 年 10 月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
前月 今月 翌月
新着記事
9月の山歩き(251回)

2019年09月15日(日)

参加者数:11人(新人0人)
コース: 山ノ内公会堂→山ノ内配水地→老人の畑→谷戸の池を経由し山崎小横

9月9日鎌倉は台風の直撃を受けました。965ヘクトパスカル、最大風速57メートルと大型で市内各所で崖崩れ等の被害が出ました。
台峯も崖崩れ1カ所、倒木による通行不能も数カ所有り、大きな被害が出ました。
昨日の山道整理で、散策路は通行可能になりましたが、崖崩れか所など全く手付かずの状態です。公園課との早急な打ち合わせが必要です。

ミーテイングでは
1.マツムシを聴く会の案内 9月16日 山之内配水池横 18時集合 雨天中止
2.台風による台峯の被害状況の説明

今回の観察テーマ
①最近台峯で確認された、ミゾゴイ、ヨシノボリについて

②遠方より目立つ植物  タラノキ、クズ

③老人の畑周辺の野草と貴重な虫 チカラシバ、キツネノマゴ、キンミズヒキ、ツルボ マツムシ、ショウリョウバッタモドキ

④谷戸道沿いの野草 ヤブミョウガ、ヤブラン、カラスウリ、シラヤマギク

⑤湿地のツル植物 ツルマメ、カナムグラ

9月の山の手入れ(208回)

2019年09月14日(土)

作業時間:10時~12時
作業参加者:12人
作業内容:
台風の爪痕は台峯の各所に被害を及ぼし、谷戸の池すぐ下の土砂崩れ、その他各所で強風による倒木が見られる。
修復作業は,人力で修復可能な場所だけでも数カ月を要すると考えられる。
そこで優先順位を決め、散策路沿いの倒木除去を最優先することとした。
作業用具はノコ切り、剪定バサミ、が中心だが、2時間ほどで、散策路はどうやら歩行が可能となった。
土砂崩れの現場は、修復には重機も必要と思われ今後公園課と現場確認の上、対策を立てる必要あり。

特記事項:台風15号は8日夜から三浦半島を通過し、千葉市付近に上陸したもので、風雨共関東地方では過去30年程で最大級とのこと。
8月の山歩き(250回)

2019年08月18日(日)

参加者数:11名(新人0)
コース: 山ノ内公会堂→山ノ内配水地→老人の畑→谷戸の池を経由し山崎小横

9月の251回で丸21年経過です。

「今年の猛暑もここ数日がピークかと思われる」との天気予報の、中、11名の参加者と共に無事熱中症の被害もなく、元気に歩き切りました。

先月より復帰された久保理事の丁寧な説明に全員感謝です。

ミーテイングでは

1. 当基金の会員でもある、浅野勝司さんより、ご自身で出版された「鎌倉市の蝶」の記録の説明を受けました。

2. 鎌倉市公園課との、その後の打ち合わせ内容の説明。

今回の観察テーマ

1.クサギに来るアゲハチョウの仲間
クロアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、カラスアゲハ、

2.鎌倉らしいチョウ ジャコウアゲハ、アオスジアゲハ


- WebCalen -