2021 年 07 月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月 今月 翌月
新着記事
定例台峯「山歩き」(274回)

2021年07月18日(日)

開催日:7月18日
参加者数:14人(新人0名)
コース:山ノ内公会堂から台峯老人の畑を経て、谷戸の池に下り散策路を山崎小学校裏まで。
7月16日関東地方は、いきなりの梅雨明け宣言、猛暑の中での山歩きとなりました。
新形コロナの感染者数が全国的に拡大する中、東京は連日の1000人越えと拡大が止まりません。

ミーティングでは
1.散策路と仮設路の問題点
2.「マツムシを聴く会」9月20日配水地横18時

今月の観察テーマ
樹木の花:ねむの木、カラスザンショの木の花
日当たりのよい場所に咲く花:
     ヤブカンゾウ、ヒメオウギズイセン、セリの花
木陰に咲く花:
     ミズヒキ、ダイコンソウ、ムラサキ二ガナ、
     ウマミツバ、ヤブラン
「山の手入れ」作業内容(‘21年7月度)228回

2021年07月17日(土)

1.定例「山の手入れ」作業内容

作業場所:1.畑の跡地
2.散策路
     
作業日:2021年7月17日
作業時間:10時~12時
作業参加者:10人
作業内容:

1.先月雨天で中止となった畑跡地の雑草の除去
予定地は終了し、全体的にも60%程が作業、終了となった。
2.散策路の雑草除去
当該散策路は、谷側も全面的にコンクリートの柱にロープ柵で安全が保たれており、歩行は何ら支障ない。
現在は、進入禁止となっているため、雑草がはびこっている
2人が1時間ほどの作業で雑草狩りは終了。

特記事項:梅雨明け直後の、夏空の下、日よけ対策に配慮しての作業だった。

定例台峯「山歩き」(272回)

2021年06月20日(日)

参加者数:10人(新人0名)
コース:山ノ内公会堂 から台峯                      
 
「新型コロナウイルス感染症対策」は、ハッキリしないまま第5波も懸念されています。
そんな状況下での「山歩き」でしたが、モリアオガエルの卵塊が、戸の池に張り出した、木の枝についているのを目にする等、梅雨下の台峯を堪能しました。

ミーテイングでは
1.6月13日に行われた「ホタル観察会」の報告。

谷戸の池工事の影響など心配しましたが、先週の70頭から、210 頭へ大幅増加。
ゲンジ ヘイケの両方を観察出来、この7~8年では、最高でした。参加者18名大満足。

2.「マツムシを聴く会」
9月20日 配水池横集合18時

今回の観察テーマ

梅雨時に刈り残したい植物 梅雨は草刈りの季節だが、残したい植物も有ります。草刈りに対し再生力の強い植物と、弱い植物が有ります。
コクラン、ホタルブクロ、ヤマユリ、ホトトギス、ヤマツツジ、シダ類



- WebCalen -