動画 なだいなださんを偲ぶ会

             
開催日;2013年7月11日、開催場所;自由学園明日館講堂、司会;金井ゆり子(筑摩書房)
                               加藤珠子(老人党運営スタッフ)
1)お話をされた方々(敬称略)
   ①天野 祐吉(あまのゆうきち)
     「広告批評」元編集長。なださんの思想の理解者。
   ②武正 建一(たけまさけんいち)
     日仏医学会名誉会長・杏林大学名誉教授。フランス留学されていた当時のご友人。
   ③三村 將(みむらまさる)
    慶應義塾大学医学部、精神神経科学教室教授。なださんは慶應の医学部出身。
   ④大槻 元(おおつきげん)
    「全日本断酒連盟」事務局長。なださんは日本初のアルコール依存症の開放病棟を開設。
   ⑤吉岡 隆(よしおかたかし)
    「心の相談室リカバリー」代表。「アルコール依存症は治らない~治らないの意味~」の共著者。
   ⑥原田 奈翁雄(はらだなおお)
    筑摩書房「展望」元編集長。長年にわたり、なださんを担当。径書房の創業者。
   ⑦小中 陽太郎(こなかようたろう)
     作家、評論家。べ平連時代のなださんの逸話を披露。
   ⑧成瀬 政博(なるせまさひろ)
     画家。婦人之友社「つむじ先生の処方箋」1996年1月号から17年余、211回を挿画。
   ⑨立尾 良二(たておりょうじ)
     東京新聞記者。なださんが提唱した「バーチャル老人党」記事を執筆。
   ⑩笹井 明子(ささいあきこ)
     老人党リアルグループ「護憲+」世話人。老人党の中でリアル活動もしたいと同会設立。
   ⑪出口 克浩(でぐちかつひろ)スライダーを右に動かし、1時間5分あたりでお話が始まります。
     「北鎌倉の景観を後世に伝える基金」理事長。なださんと共に鎌倉の自然環境を守る。
   ⑫齋藤 喜美子(さいとうきみこ)
     作家の故・北杜夫氏の奥様。なださんと北氏は医局が一緒でとても仲良しだったとの事。
   ⑬加賀 乙彦(かがおとひこ)
     作家。なださんの友人。
2)ご遺族からのご挨拶(敬称略)
    堀内 由希(代読)、堀内 千夏
3)協賛企業・団体(順不同、敬称略)
   借成社、日本テレビ放送網、中央法規出版、ちゅうでん教育振興財団、中央公論新社
   第三書房、福音館書店、フレンズ・オブ・カマクラ(台峯)、日本ビジュアル著作権協会
   鎌倉・九条の会、岩波書店
4)共催者
    日仏医学会、北鎌倉の景観を後世に伝える基金、筑摩書房、青萌堂、婦人之友社
    バーチャル老人党、老人党リアルグループ「護憲+」